俳句の事は判りませんがひょんなことからある句誌に俳人が寄稿された原紙が長い間眠っていました。

多くの句は書道用の半紙に書かれていますが、長い時間が経ちシミなどが点在します。

それをパソコンで処理したものです。

 

 横山白虹(よこやま はっこう)

赤き月出て半眼の蟇すわる(あかきつきでてはんがんのひきすわる)

 

 

夕顔に月光のせて蛾が来る(ゆうがおにげっこうのせてががくる)

 

虹鱒を霧の草生に釣りおろす(にじますをきりのしばふにつりおろす)

 

秋あつし紙の飛行機窓とび出す(あきあつしかみのひこうきまどとびだす)

不明

秋元不死男(あきもとふじを)
売文や夜出て髭のあぶらむし(ばいぶんやよるでてひげのあぶらむし)

 

 加藤 楸邨(かとう しゅうそん)

野分の馬打つて馬よりかなしきらし(のわきのうまうってうまよりかなしきらし)

不明 本田あふひ(ほんだ あおい)????

 

 

瀧春一(たきしゅんいち)

沈黙の茂り蔓草奔放に(ちんもくのしげりつるくさほんぽうに)

 

 細谷源二(ほそたにげんじ)

みな生きようと妻の種まき風に飛ぶ (みないきようとつまのたねまきかぜにとぶ)

真赤なる野火の彼方にはす心(まっかなるのびのかなたにはすこころ)

蝶羡し蝶には鍬はもてぬけれど

 

 

伊丹三樹彦(いたみみきひこ)

 

マチス展 わが提げ歩く 洋黒し

鉄橋暗黒帯なるヘッドライトの他

 

 

中村 草田男(なかむら くさたお)

眞直ぐ往けと白痴が指しぬ秋の道(まっすぐいけとはきちがさしぬあきのみち)

富安風生

いと好む 雛のまへに いくたびも

 

篠田悌二郎(しのだていじろう)

冬水に瀕死の金魚華麗なり(ふゆみずにひんしのきんぎょかれいなり)

 

 

高野 素十(たかの すじゅう)

南門の柱の下の木の実かな(なんもんのはしらのしたのきのみかな)

不明

 

橋本鶏 二

火を噴きしあと静かなり山の秋(ひをふきしあとしずかなりやまのあき)

不明 清逢女

淋しさは秋の里に在り歩のゆるみ(さびしさはあきのさとにありほのゆるみ)

 

長谷川かな女(はせがわかなじょ)

野火消えて溝にあつまる白き鶏

 

金子 兜太(かねこ とうた)

暗く鋭く石垣水漬く被爆の館(くらくするどくいしがきみづくひばくのたて)

光る子へ眼の正確な夕暮漁夫(ひかるこへめのせいかくなゆうぐれぎょふ?)

 陽当たる階へ 被災の ごとき ミサの了り

ふめい

不明

 

松野自得

人の一生いつも木の芽のふくやうに

 

榎本冬一郎(えのもとふゆいちろう)

虹にこもる音響未完の一鉄船(にじにこもるおんきょうみかんのいってつさん)

 

阿部みどり女(あべみどりじょ)

 

 

永田耕衣(ながたこうい)

 青年を呼びつつありき鵙の贄(せいねんをよびつつありきもずのにえ)

 

中島斌男(なかじま たけお)

冬白浪燈台守と名刺交はす(ふゆはくはとうだいもりとめいしかわす)

 

高浜年尾(たかはま としお)

土器に浸みゆく神酒や初詣(かわらけにしみゆくみきやはつもうで )

 

 

田村 木国(たむら もっこく)

不明

不明

不明

 

望月たけし(もちづきたけし)

 

 

石川桂郎(いしかわ けいろう)

 

 

夕蛙どの畦の何処曲がらうか(ゆうがえるどのあぜのどこまがらうか)

?

不明

不明

 

西東三鬼(さいとう さんき)

 

不明

 

星野立子(ほしのたつこ)

行人にかゝはり薄き野菊かな (いくひとにかかはりうすきのぎくかな)

 

平畑静塔(ひらはたせいとう)

老俥夫や酔はねばならぬ鹿の声 (ろうしゃふやよわねばならぬしかのこえ)

不明

 

石塚友二(いしづかともじ)

 雨降るや冬木の中の翌檜(あめふるやふゆきのなかのあすひのき)

不明

不明飯田蛇笏

 

大野林火(おおのりんか)

この髪の風に流るゝ五月来ぬ(このかみのかぜにながるるさつききぬ)

 

高柳重信(たかやなぎしげのぶ)

吹き沈む野分の谷の耳さとき蛇 (ふきしずむのわきのたにのみみさときへび)

 

安住 敦(あずみ あつし)

ある朝の鵙ききしより日々の鵙(あるあさのもずなききしよりひびのもず)

私には俳人の名前などは正確に分かりませんが、徐々に調べていきたいと思います。

 

お気づきの点があったらお教え願います。

 

作者の敬称は略させていただきます。